縫製職人の私が素材(材質)の観点から見る他商品(メディキュット・スリムウォーク)との比較

比較

 

グラマラスパッツ・メディキュット・スリムウォークを素材の観点で比較してみて
着圧力やその他のメリットのおすすめ順は以下↓

グラマラスパッツNO.1 グラマラスパッツ

 

メディキュットNO.2 メディキュット

 

スリムウォークNO.3 スリムウォーク

 

おすすめ

 

この3商品の素材の特徴から私なりの比較をしていきたいと思います。

 

グラマラスパッツ ナイロン89%・ポリウレタン11%
メディキュット ナイロン・ポリウレタン
スリムウォーク 綿57%・ポリエステル38%・ポリウレタン5%

 

スリムウォークだけポリエステル混です。
ナイロンとポリエステルは近い生地ですが、大きな違いがあります。

 

お得なセット

 

吸湿性・熱に関する部分が違います。

 

 

 

素材ナイロンから見る比較

 

■グラマラスパッツ・メディキュットのメイン素材「ナイロン」の特徴を見ながら比較します。

(ナイロンとは)

  1. 摩擦に強い・耐久性が高い
  2. 軽い
  3. 伸縮性に優れいている・弾力がある
  4. 吸湿性低い
  5. 熱に弱い

 

グラマラスパッツ ナイロン・ポリウレタン
メディキュット ナイロン・ポリウレタン
スリムウォーク 綿・ポリエステル・ポリウレタン

 

1
摩擦に強い

綿 < ナイロン
ポリエステル < ナイロン

 

スリムウォークよりメディキュット・グラマラスパッツの方が耐久性高い

ナイロンは綿の約10倍。とにかく摩擦に強い素材
洗濯による劣化が少なく、安心して使用できます。
合成繊維なので虫のエサにもなりませんしカビも生えません。
ポリエステルも摩擦に強い素材ですが、比較するとナイロンの方が高い耐久性。

 

2
軽い

綿 > ナイロン
ポリエステル > ナイロン

 

スリムウォークよりメディキュット・グラマラスパッツの方が軽い

ナイロンは丈夫でありながら軽いというメリットが。
天然繊維(綿など)より格段に軽く、ポリエステルよりもナイロンの方が若干軽量。

 

3
伸縮性に優れいている・弾力がある

ポリエステル < ナイロン

 

スリムウォークよりメディキュット・グラマラスパッツの方が伸縮性あり

ナイロン繊維自体に伸縮性があるため、衣服としては
着やすく動きやすい素材
この伸度もポリエステルよりナイロンの方が優れている。

 

4
吸湿性が低い

ポリエステル > ナイロン

 

スリムウォークよりメディキュット・グラマラスパッツの方がムレやすい

ナイロンは、吸湿性が低いため、湿気が多い場所では蒸れてしまします。
ストッキングはムレやすいのでイメージが付きやすいですね。
吸湿性という面ではポリエステルの方が優れています

 

5
熱に弱い

ポリエステル > ナイロン

ナイロンの最大の弱点は熱に弱いという点。
乾燥機やアイロンを使用すると変形する可能性があります。
どんなに型崩れしないナイロン生地でも、熱が加わると簡単に変形するため、熱にだけは細心の注意を!

 

反対に、ポリエステルは熱に強い素材
しかし、スリムウォークも伸縮性がなくなる原因にある点から
乾燥機、アイロンの使用はしないように記載しています。
熱に強いポリエステルだからと、使用しないようにしましょう。

 

ナイロンの干し方

ナイロンは耐久性・摩擦にとても強く、洗濯は気兼ねなくOK!
しかし、
日光に当て続けると日焼け・変色が起きてしまうので
日陰干しをおすすめします。
日光で黄ばんでしまわないように日陰に干します!

 

毎日洗濯を頻繁にしたい、着圧レギンスや加圧インナーには嬉しい耐久性!

 

素材ポリウレタンから見る注意点

(ポリウレタンとは)

  1. 軽くて乾きやすい
  2. 紫外線に弱い
  3. 衝撃強度が高い
  4. 水、湿度、温度の変化に弱い

 

1
軽くて乾きやすい

 

洗濯して乾くまでの時間が早いメリット!

【グラマラスパッツ・メディキュット】
ナイロン混にとって
日陰干しなので乾きやすい性質を持っているのはうれしいですね。

 

2
紫外線に弱い

ポリウレタンは紫外線に弱く、直射日光に当てると黄ばんでしまうことがあります。
そのため直射日光が当たる場所は避け、風通しのいい日陰か部屋干ししましょう。

 

3
衝撃強度が高い

 

縦・横の引っ張りに強いちぎれにくい性質

加圧インナーにとって伸縮性は大事です。ちぎれにくいとはいえ、無理強いするとやぶれるので注意。

 

4
水、湿度、温度の変化に弱い

 

温風で乾かす乾燥機にかけると必ず縮んでしまいます。

ナイロン同様、乾燥機にかけないように注意!

 

グラマラスパッツ等商品が乾燥機をおすすめしない理由はこういう性質があるからです。

 

また、水分に弱いため、劣化しやすい性質があります。
ポリウレタン素材の衣服は着用しなくても「いずれは劣化していくもの」。
劣化の始まりは購入時ではなく、製造時から始まります。

 

新品だからと長期保管しておいても、劣化の進行が始まっています。

 

そのため、転売サイトで「新品」だからと安心して購入することは危険なのです。
もし、長期保管されていたものであれば、
いざ、使い始めたらすでに劣化した商品になっていることもあります。

 

また、実際に購入した商品でも同じことが言えますね。
大事にとっておいたら、劣化していたということもありますので
注意してください。

 

(まとめ)比較してみて分かったこと

グラマラスパッツNO.1

 

グラマラスパッツ・メディキュット・スリムウォークを素材の観点で比較してみて

グラマラスパッツNO.1 グラマラスパッツ

 

メディキュットNO.2 メディキュット

 

スリムウォークNO.3 スリムウォーク

 

グラマラスパッツ ナイロン・ポリウレタン
メディキュット ナイロン・ポリウレタン
スリムウォーク 綿・ポリエステル・ポリウレタン

 

耐久性・伸縮性などの理由から
ナイロン素材のグラマラスパッツ・メディキュットが綿素材のスリムウォークより
おすすめ度が上!
(※ムレやすいデメリットあり)

 

さて、1位と2位を決める要素は、
配合成分。
グラマラスパッツは、ゲルマニウム・チタン・銀配合。
メディキュットには配合されていません。

 

ナイロン:軽くて丈夫だが熱に弱い
ポリウレタン:伸縮性・耐摩耗性・衝撃強度に優れている
ゲルマニウム:抗菌・消臭効果
チタン:紫外線カット効果
銀:抗菌・消臭効果

あるのとないのでは、大きく違いますね!

 

 

※使用都度、キチンと頻繁に洗濯しないと雑菌の発生・かぶれ・かゆみの原因にも。
ナイロンは、型崩れしにくく保つ効果があるので
ガンガン洗濯できるのはうれしい素材です。
総合的に着圧力が優れているのは、グラマラスパッツだと思います。

 

日焼け・変色・黄ばみに注意して日陰干しで
長持ちする洗い方・干し方で快適な履き心地を!